会社概要  |  商品  |  サービス  |  ニュース  |  パートナー  |  サポート

IPSec VPN Clientダウンロードセンター


IPSec VPN Client

VPN Client サポート
VPN Client FAQs
VPN ゲートウェイ案内
VPN マニュアル
承認済USBトークン
対応言語
特徴依頼
IPSec VPN Client
VPN Mobile
CryptoMailer

オンライン・ショップ
 
IPSec VPN Client VPN Mobile CryptoMailer
 

TheGreenBow IPSec VPN Client ダウンロードセンターへようこそ。
無料で評価できるソフトウェアや最新のパッチ、更新や文書情報をご提供いたします。

ソフトウェアのダウンロード


TheGreenBow IPSec VPN Client ダウンロード
バージョン: 6.44.003   ソフトウェアのバージョンについて
サイズ: 5.76 Mb   過去のバージョン
日付: Oct 2017      
言語: 英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・オランダ語・イタリア語・日本語・中国語(簡体字)・フィンランド語・ギリシャ語・ポーランド語・ロシア語・ペルシア語 ・ハンガリー語 ・ノルウェー語 ・ セルビア語・スロベニア語・アラビア語・ヒンディー語・タイ語・トルコ語・チェコ語・デンマーク語   言語を追加する
 
OS: Windows Vista 32/64-bit
Windows 7 32/64-bit
Windows 8 32/64-bit
Windows 8.1 32/64-bit
Windows 10 32/64-bit
Windows Server 2008 32/64-bit
Windows Server 2012 32/64-bit
(More info ..)

   

TheGreenBow IPSec VPN Client Supports Windows 7




最新のパッチ


Go to IPSec VPN Client パッチ ページから、最新のパッチをダウンロードしてください。




ソフトウェア書類


IPSec VPN Client ユーザ書類
  ユーザガイド、VPNゲートウェイ設定ガイド、オンラインサポート

IPSec VPN Client IT 書類およびツール
  カスタマイズ設定、証明書管理、デプロイメントツールおよびガイド

IPSec VPN Client FAQs
  VPN設定、トラブルシューティング

IPSec VPN Client マーケティング資料
  ロゴ、アイコン、データシート、スクリーンショット


ソフトウェアのバージョンについて


リリース 5.1



リリースと新機能 5.1?
  • VPNトンネル内のSIP/ VoIPトラフィック(ウィンドウビスタとセブン)のサポートした
  • は、システムトレイのメニューからワンクリックでデスクトップ共有セッションを開きます。これにより、ユーザーはリモートネットワーク上の任意のマシンでWindowsのRDPセッションを使用してリモートデスクトップ共有を開くことができます。 VPNトンネルごとに複数のデスクトップの共有セッションが定義され、そして右のVPNトンネルは、デスクトップ共有セッションが要求されたときに自動的に開くことができます。
  • は、Windowsを再起動せずにVPNのIPSecクライアント5.1をインストールした DNS/ WINSを中心とした全体的な安定性の
  • 有意な改善した
  • の合計24言語3新しい言語ハンガリー語、ペルシア語とノルウェー語のサポート
  • ユーザモードの能力は、ソフトウェアのアクティベーションおよび構成管理のためのどちらか、VPN ClientがWindowsのユーザーモードで完全に動作可能を可能にした


リリース 5.10 build 009 RC1 (2011年11月)
  • 特徴:VPNトンネル(Window Vistaのとセブン)でSIP / VoIPのトラフィックをサポートする機能
  • 機能:システムトレイのメニューからワンクリックでWindowsのRDPセッションを開く機能。これにより、ユーザーはリモートネットワーク上の任意のマシンでリモートデスクトップ共有を開くことができます。 VPNトンネルごとに複数のデスクトップの共有セッションを定義、およびデスクトップ共有セッションが要求されたときに右のVPNトンネルが自動的に開きますができます。
  • 特徴:ソフトウェアはサイレントインストール設定でインストールされたサイレントアンインストールを実行する機能。
  • 特徴:。IPSECトンネルあたりの特定のMTUを設定する機能
  • 特徴:ソフトウェアのインストール後のIPSec VPNクライアントを実行する]チェックボックスを追加
  • 改善:Windowsオペレーティングシステムを再起動せずにソフトウェアをインストールする機能
  • 改善:VPNトンネルを開閉するときに現れるトレイポップアップウィンドウを無効にする機能
  • 改善:ワンクリックですべてのトンネルを閉じることができる。設定パネルで新しいメニュー項目。
  • 改善:USBドライブが接続され、ソフトウェアは、USBモード(つまり、VPNの設定を保持するためにUSBドライブを期待して)になってされるたびに、設定パネルではほとんどのUSBアイコンを表示
  • 改善:各VPNトンネルのフェーズ1とフェーズ2名は、現在シストレイメニューに表示されます。
  • 改善:すべてのVPNトンネル名がシステムトレイのメニューにアルファベット順でソートされている
  • 改善:IPアドレスの変更検出の安定性が大幅に改善されている
  • 改善:DNS / WINS管理の安定性が大幅に改善されました。
  • 改善:終了する時間が大幅に改善されました。
  • 改善:トークンの挿入と抽出の管理が大幅に改善されました。挿入または抽出時に、すべてのVPNトンネルは、それに応じて開いたり閉じたりしている。
  • 改善:Ctrlキー+ Altキー+ Dでデバッグログを開始し、そして今も、ログフォルダへのリンクとアイコンを追加します。
  • 改善:IKEのログは現在techsupportに送信されたログファイルを減らすために毎日のスパンとタイムスタンプです。
  • の改善:よりハイブリッドモードのために追加支援。ハイブリッドモードが正しく機能するように設定する証明書とX - Authを必要とします。
  • 改善:警告情報をUSBドライブは差し込まことになっていなかった場合にはUSBドライブのVPN構成を使用して
  • 改善:"もう私を警告しない"チェックボックスがポップアップ警告で追加されたVPNクライアントのアドレスは、"リモートLANアドレス"で設定されているリモートネットワークに属している場合
  • 改善:"ブロック非暗号処理の接続が"に置き換えられている"スプリットトンネリングを無効"
  • 改善:同じ証明書のサブジェクトに複数の証明書を含むトークンのサポート
  • 改善:追加した証明書の有効期限は、トンネルを開く前に確認してください。複数の証明書の場合、VPNクライアントは、有効な日付で証明書を使用しています。有効な日付のある証明書が見つからない場合、トンネルが開いていない、とコンソールにエラーメッセージ"もし適切な証明書"が表示されます。
  • バグ修正:認証に使用するスマートカードを抜き差しすると、すべてのVPNトンネルはフェーズ2が閉じていない。
  • のバグ修正:VPNトンネルは、Windowsのスリープモードから戻ってくる開くことができない
  • バグ修正:。トレイポップアップウィンドウに示すようにあまりにも多くのエラーをいくつかのネットワークの状況でVPNトンネルを開く
  • のバグ修正:一旦USBモード、サブメニュー"USBドライブへの移動"で、まだ有効になっている。
  • のバグ修正:。OSAportがvpnconf.iniでサポートされていない
  • バグ修正:エラーメッセージ'F1'を使用してヘルプを起動する
  • バグ修正:ソフトウェアのクラッシュ、一部のWindowsの構成では初めてUSBモードに入る
  • のバグ修正:。IPSec VPN Clientは、VPNトンネルを開くにはいくつかの試みの後に"あきらめ"ているが、すべてのLEDがグリーンに点灯している
  • のバグ修正:VPN設定のエクスポートは、USBモード(すなわち、VPN設定がUSBドライブに移動されている)で空になることができる
  • のバグ修正:。VPNトンネルが開いている間に受信したメッセージ"無効なCookieが"​​緑の代わりにLEDオレンジで表示されるまでにシステムトレイにポップアップウィンドウを作るかもしれない
  • バグ修正:。"オートトラフィックの検出に開く"が選択されたときに特別なアイコンがConfigurationパネルのツリーに表示される
  • バグ修正:。charは'\'事前共有キーの確認フィールドに許されるべきではない
  • のバグ修正:。リモートLANのアドレスとサブネットフィールドは、"リモートLANアドレス"と"サブネット"0.0.0.0 / 0 で設定をインポートした後は空です
  • のバグ修正:マニュアルアクティベーションは、アクティベーションエラーメッセージで失敗します:。いくつかの事情で0
  • のバグ修正:ソフトウェアのクラッシュ、"適用"ボタンで多数のクリック。
  • のバグ修正:FQDNとフェーズ1 IDを使用するときに証明書を使用してトンネルを開くことができます。
  • のバグ修正:セットアップのコマンドオプション" - GuiDefs"正常に動作していない。
  • のバグ修正:オプションと共に使用すると、サイレントインストールが正常に動作していない" - ライセンス"、" - activmail"、" - noactiv"、" - autoactiv"、" - guidefs"。
  • バグ修正:ソフトウェアがクラッシュしたときにコピー&既存のVPNトンネルを貼り付けして、設定パネルでそれを削除しようとする
  • のバグ修正:複数のユーザーが同じマシン上でのIPsec VPNクライアントをアクティブ化しようとすると、間違ったアクティベーションコードのファイルが使用されるかもしれない
  • のバグ修正:。デバッグログがアクティブになり、接続エラーが発生している間にスマートカードを使用してTgbIkeクラッシュ

ある[既知の問題:ここでは、このリリースでの既知の問題のリストです。これは、このメジャーリリースの既知の問題の前のリストに置き換えられます。我々はできるだけ早くそれを解決するために最大限の努力を行っています。
  • 既知の問題:Windowsのセッションの後でロック/アンロック、それは、トンネルを開く、保存するか、構成を適用することは不可能かもしれない。回避方法は、VPN Clientソフトウェアを再起動することにした
  • 既知の問題:Windows上では何のジーナ(Windowsログオン前に別名:オープントンネル)64​​ビット(Vistaとセブン)。ジーナの接続パネルは、(Windowsのログオン前)は、Windows XP上で5 - 8秒遅れで表示されることがあります。ジーナの接続パネルは、コンピュータがWindowsのみ七つの"ロック"されている場合は表示されません。
  • 既知の問題:Windowsのセッション後にジーナとログオフ/ログオン、インターネットの接続が正しく復元されないことは不可能のため、TI DNS / WINSアドレスかもしれません。あるユーザーから別のに切り替えると、IPSec VPNクライアントが正常に機能しなくなる可能性があります。回避方法は、VPN Clientソフトウェアを再起動することにした Windowsのスリープモードから戻るときにシステムエラー:
  • 問題が知られています。これを回避するには、VPN Clientソフトウェアを再起動することです。
  • 既知の問題:。Wiresharkのは、そのinterfaces.4をスキャンできるようにVPN Clientソフトウェアの後にインストールされている必要があります
  • 既知の問題:マップされたドライブにVPN設定をエクスポートすることはできません。ないエラーメッセージがファイルがエクスポートされていません。回避策は、ローカルディスクにエクスポートすること、および、マップされたドライブにコピーします。


Release 5.0

  • 特徴:簡単にユーザーエクスペリエンスを提供する新しいグラフィカルユーザーインタフェース。主な変更点としてはシンプルなトップメニュー、小さいと鮮明な接続パネル、少ないボタンと設定パネルでより多くのタブがあります。この新しいリリースをインストールしてご報告した
  • 機能:言語は、その場で変更することができ、すべての文字列は、ソフトウェアから変更することができます。これは私たちのパートナーは、任意の文字列をローカライズすると、ワンクリックで変更を確認することができます。
  • 特徴:23種類の言語の合計のためのハンガリーとノルウェーの2つの新しい言語のサポート
  • 特徴:自動ソートのVPNトンネル名による
  • 特集。"モード設定"機能が設定されているゲートウェイによって送信されるディスプレイの仮想IPアドレス
  • 特徴:下の追加"ライセンスの購入オンライン"リンク"?"メニューにした
  • 特徴:コマンドラインオプション/エクスポートを使用するときにコマンドラインオプション/ PWD(パスワード)を指定する必要があります
  • 特徴:新しいセットアップオプション - サイレントインストール後に自動的に再起動するため、reboot = 1
  • の特徴は:リモートゲートウェイから受信したDNS / WINSサーバのアドレスが"フェーズ2">"詳細設定"で表示されます。モード- Config機能が有効になっている場合には、両方のフィールドが手動設定を防ぐために無効になっても、DNSは/サーバーのアドレスがとにかく表示されます。 WINSをしている
  • 特徴:接続パネルで、VPNトンネルごとに暗号化されたデータの量を表示する
  • 機能:。DPDは今"グローバルパラメータ">"DPD"で追加されたチェックボックスを無効にすることができます
  • 改善:。コンソールのモード- Config機能(DNS、WINS)から表示詳細
  • 改善:"フェーズ1">"証明書"タブは、現在すべてのトークン/スマートカードリーダが設定された示し、それらはプラグインと証明書がトークン/スマートカードリーダー(で接続されていない、で読むことができないときに警告メッセージがポップアップ表示されないカードではないリーダー,..).
  • 改善:これ以上のIPSec VPN Clientソフトウェアをアクティベートするには、管理者ユーザーである必要はない
  • 改善:単一フィールドが20または24桁の長さであるかどうか、ライセンス番号を入力する
  • 改善:"モード- Configが"選択されているときにVPN Clientの仮想IPアドレスおよびDNS / WINSの各フィールドが無効になっている
  • 改善:スクリプトフィールドは今"は、Windowsログイン前に有効にする"ときに無効になっているが選択されている
  • 改善:ソフトウェアのアクティベーションエラーの詳細については、明確にメッセージ
  • 改善:コンピュータがそのIPアドレスを変更されたため、VPNトンネルが終了する場合は、VPNトンネルがいない再度開くと自動的にネットワークが再び使用可能になると(IPケーブルを抜いて、ワイヤレスネットワークのIP @変更,..).< / LI>
  • 改善:X - Authの認証の種類"OTP"に対応しました。 VPNゲートウェイがそれをサポートし、要求に応じて、IPSec VPN Clientは、各キーの再交渉のためにX - Authの認証をユーザーに要求される(タイムアウト)した
  • 改善:X - Authの認証の種類"、CHAP"が新たにサポート。 VPNゲートウェイによって使用される、サポートされている場合、(AAA認証サーバにX - Authのログイン/パスワードを通過する半径,..).
  • 改善:ソフトウェアが25%小さくなっている
  • のバグ修正:最初のDNSは、サーバーのアドレスがモード- Configを使用して開かれたVPNトンネルを使用してLANケーブルを抜くようないくつかの状況では復元できない場合がありますWINSの。
  • のバグ修正:セカンダリDNS、ゲートウェイモード- Config機能は、特にDNS場合、IPSec VPN Clientはモード- Config機能が無効になる可能性があるが提供するWINSサーバアドレスは、サーバのアドレスが空にされているWINS。それらは無視されるようになりました。
  • のバグ修正:。CHAPの半径のX - Authのはログインとパスワードは設定ファイルに埋め込まれているときに動作しない
  • バグ修正:X509証明書のパーサーは、そのシリアル番号(例えば、USBトークンからの)証明書に必須であり、シリアル番号なしで証明書を拒否することを前提としています。 X509標準ETSI TS 102 280はシリアル番号のフィールドは、証明書に必須であることを指定していません。
  • バグ修正:。IPSec VPN Clientはモード- Config機能は、VPNゲートウェイが提供するアカウントのマスクの値にかかるが、デフォルトのマスク(すなわちRFC2408 A.4 ISAKMP IDタイプの値)を使用しない
  • のバグ修正:X - Authの認証の種類のVPNゲートウェイへの返信の中には、VPNゲートウェイから受信された要求内のX - Authの認証タイプと同一ではありません。それが同一である必要があります。
  • のバグ修正:それは、VPNトンネルを開く前に、ダイナミックに設定されていたが、DNS、Windowsのネットワーク設定は、VPNトンネルが閉じるときに静的に戻って設定されています。使用されるのinet_addrシステム関数は、すべてのバージョンのWindows上で同じ動作を持っていないので、この5月は一部のWindowsバージョンで発生した
  • のバグ修正:ソフトウェアアンインストールは、ネットワークアダプタが無効になる可能性がある適切NDISフィルタドライバが削除されない場合があります。
  • バグ修正:。"フェーズ2"> IPアドレスが選択されていて"モード- config'の必須フィールドにした
  • バグ修正:アンインストールをすべて削除プログラムのショートカット、プログラムファイル(システムフォルダ)とは異なるインストールパスなら。 固定の
  • バグ:Windows XPの20桁のライセンス番号を入力すると、もはや機能していない
  • のバグ修正:DNSアドレスは、の結果としてのVPNトンネルを閉じた後に正常に復元できない非閉塞そのVPNトンネルが開いていた間に(別名:USBモード)でのVPNの設定でUSBドライブを
  • のバグ修正:VPN Clientは、10桁より大きいスマートカードのPINコードの入力後に動作を停止します。
  • のバグ修正:複数のVPNトンネルの設定を使用するときにトンネルを開くと、別のVPNトンネルに関するいくつかのシステムトレイにポップアップメッセージをトリガする
  • のバグ修正:。未知のSAとのメッセージを受信すると、繰り返しシステムトレイポップアップメッセージを引き起こす可能性があります
  • のバグ修正:一部のWindowsネットワーク構成上のネットワークドライブからVPN設定ファイルをインポートすることは不可能
  • のバグ修正:VPN Clientソフトウェアがすでに実行されている場合、コマンドラインオプション"/エクスポートは"エクスポートしない
  • のバグ修正:設定パネルで、VPNトンネルのステータスが(設定ツリーで主導)に更新されていない可能性がある状況では"トンネルが開いた"。接続パネルのトンネルのステータスが正しく更新されています。
  • のバグ修正:ユーザがターン部隊に開いているすべてのトンネルがクローズするソフトウェアを、終了する場合には早すぎるスクリプトを起動する可能性がある機能は、"トンネルが閉じられた後にこのスクリプトを起動"は、
  • のバグ修正:ユーザがコンフィギュレーションパネルを(メニューの"オプション">"構成">パスワードの入力)にアクセスするために禁止する機能も"vpnconf.exe /インポート'を使用してコマンドラインを介してインポートする機能を禁止すべき、または'/置換"した
  • のバグ修正:Windowsの"ブラウズ"パネルで"デスクトップ"フォルダを(設定ファイルをインポートしようとする場合など)選択すると、Windows Vistaで、エラーを引き起こす可能性がある
  • のバグ修正:コマンドラインオプションvpnconf.exe /クローズの実行:トンネル1および/オープン:トンネル1は、コンフィギュレーションパネルを開きます。設定が閉じたままになる、唯一のシステムトレイにポップアップメッセージが表示されます。
  • のバグ修正:ユーザ、自動的にIPSec VPNの再試行を数回認証に失敗したのゲートウェイからの応答に。オート間違ったパラメータによって再試行が無効になって、そして再び彼の資格を入力するようユーザーにポップアップされています。
  • のバグ修正:TheGreenBowのジーナライブラリは、(ログオン前にIEの接続パネルがウィンドウ)で、安全なモードでログインするために強制的にことがログインからユーザーを防ぐ可能性のあるすべての必要なシステムリソースを、見つけられません。問題は、いくつかのヴイエムウェア(VMwareの"ツール"を除く)内のすべてのWindows XP上で、発生、およびWindows XPのバージョンダウンいくつかのストリップ(上すべてのサービスパックを最新の状態にしていない)とトンネル機能"ログオンの前にWindowsの"が選択されている場合にのみした
  • のバグ修正:Windows 7の64 -インストールとNetgearLiteバージョンに関する問題
  • バグ修正:。フェーズ1">"証明書は、ソフトウェアがOEMカスタマイズとして配信されている場合でもTheGreenBowの設定ファイル'と呼ばれる文字列が含まれる'
ある[既知の問題:ここでは、このリリースでの既知の問題のリストです。我々はできるだけ早くそれを解決するために最大限の努力を行っています。
  • 既知の問題:VPNの設定の場合には、"終了"ソフトをクリックする前に"保存"をクリックして変更されている。行っていない場合、IKEモジュールとの接続は、ソフトウェアの次回の起動時に使用できない可能性があります。
  • 既知の問題:トンネルが開いている間、[保存]をクリックが正しく復元されるDNS / WINSサーバのアドレスを防ぐかもしれない。 VPN設定を保存する前にすべてのトンネルを閉じるためになる前後の作業した
  • 既知の問題:Windows上では何のジーナ(Windowsログオン前に別名:オープントンネル)64​​ビット(Vistaとセブン)。ジーナの接続パネルは、(Windowsのログオン前)は、Windows XP上で5 - 8秒遅れで表示されることがあります。ジーナの接続パネルは、コンピュータがWindowsのみ七つの"ロック"されたときに表示されません。ジーナの接続パネルが1つだけトンネルを(複数の構成パネルで設定されている場合)が表示されます。
  • 既知の問題:VPNクライアント4.7からのIPSec VPNクライアント5.0で証明書を使用したVPNの構成をインポートすると、トンネルを開くことを防ぐかもしれません。周りの作業は、IPSec VPNクライアント5.0で証明書自体にインポートすることです。
  • 既知の問題:言語(またはその逆)"右から左へ"に言語"左から右へ"から変更が反映されない場合があります。回避策は、ソフトウェアを終了して再起動することです。
  • 既知の問題:フェーズ2詳細設定オプションのUSBドライブが検出されないので、いくつかのWindowsの構成で動作しない可能性があります"USBメモリを挿すときに、自動的にこのトンネルを開く"
  • 既知の問題:マップされたドライブにVPN設定をエクスポートすることはできません。エラーメッセージが、ファイルがエクスポートされてなしにした
  • 既知の問題:キーボードのストローク"デル"(削除)は、新しい言語の翻訳エディタではサポートされていません。
  • 注意:デバッグモード(Ctrlキー+ Altキー+ D)は、かなり迅速に、かなり大規模なトレースログを作成します。デバッグモードを無効にすることを忘れないでください。


バージョン 4.7

  • 機能: 新たにチェコ語とデンマーク語を追加し合計21言語に対応。チェコ語とオランダ語をソフトウェア設定に組み込み。
  • 機能: Windows 7 (Windows Seven 32/64bit)で、3G/4Gデバイス用の新WWANドライバモデルに対応。この新バージョンでは、WWANとの互換性を持つあらゆるアダプタが使用可能。 WWANとはWireless Wide Area NetworkまたはWireless WANの略で、3G/4Gワイヤレスモデム・アダプタのメーカー数社が対応しており、全てのメーカーは、NDIS6.20ミニポート・ ドライバモデルに基づくWindows 7の“Mobile Broadband Driver Model Specification”に対応。弊社対応アダプタは、Atheros Wireless Adapter, Dell Wireless 5530 HSDPA Mini-Card, Dell Wireless 5600 EVDO-HSPA Mini-Card, Huawei 3G modem, Qualcomm Gobi 2000, Sierra wireless MC8781 HSPDA。弊社3Gモデム・アダプタ一覧 およびFAQは こちら
  • 機能: 最新のNetGear VPNルータMode-Configに対応。
  • 機能: Windowsファイアウォールルールの自動設定が'パブリック'および'ドメイン'プロファイルまで拡張。
  • 機能: 特定日(期限日は個別設定)にライセンス番号グループの更新が可能なため、大規模顧客・代理店のメンテナンスオプションの会計・報告が簡素化。 オンラインではお申し込みいただけないので、 弊社 sales@thegreenbow.com までご連絡ください。
  • 機能: ソフトウェア更新中に設定ファイルを暗号化。'GUI接続'パスワードが設定されている場合またはコマンドラインでパスワードが設定されている場合、それらが使われます ('閲覧' > '設定' > 'GUI接続'またはデプロイメントガイド参照)。
  • 改善: 'About..'ウィンドウからライセンス番号がコピー&ペースト可能となったため、弊社 技術サポート へのライセンス番号送付が簡易化。
  • 改善: “証明書の管理..”ボタン周りのフェーズ2パネルのユーザインタフェースを改善。
  • 改善: Windows 7 64-bit のドライバ用の一時インストールフォルダに制限接続権利が無かったため、これを解決。
  • 改善: RFCはこれまでキー再ネゴシエーション用にポート4500 UDPを規定していたが、現在はポート500も許可。
  • 改善: IKEエンジンのMode-Configを、NetGearゲートウェイと互換性を持つよう調整。
  • 改善: NetGearゲートウェイとの互換性のため、Mode-ConfigにPushモードを追加。
  • バグ修正: リモートゲートウェイが無応答の場合はフェーズ2リクエストを再送信しない。
  • バグ修正: リモートゲートウェイが無応答の場合、IPSec VPN Clientは冗長化ゲートウェイにスイッチしない。ただし、他のトンネルが開いている場合はこの限りではない。
  • バグ修正: VPNゲートウェイの無応答または特定不能の場合の時間切れなどにより、IKEエンジンがVPNゲートウェイとのメッセージ交換を無視することがあった。
  • バグ修正: アクティブ化ウィザードストリングのlook&feel機能。製品名が長すぎるなどカスタムストリングが非常に長いOEM用。
  • バグ修正: VPN設定ウィザードのデフォルトマスクをクラスCに設定。
  • バグ修正: WiFi接続で、Windows 7 Ultimate上のネットワーク設定からDNS/WINSサーバアドレスが削除できない。
  • バグ修正: 予め設定・組み込んだVPN設定ファイルの設定が正常に機能しない(デプロイメントガイド セクションの ‘特定のVPN設定をVPN Client設定に組み込む方法’参照)。
  • バグ修正: DNS/WINSサーバアドレスで受信したマルチMode-Configメッセージが正常に更新されない。
  • バグ修正: いくつかのVPNゲートウェイで‘通信’モードが選択されているにも関わらず、フェーズ2ESPモードが‘トンネル’モードのまま。
  • バグ修正: パスワードで保護された設定ファイルをコマンドラインで書き換えるとき(/replace:c:\test.tgb/pwd:test)、誤ったパスワードを入力すると、既存の設定が削除されることがある。 /add または /importonce のコマンドラインが無効。
  • バグ修正: コマンドライン("vpnconf.exe /import:[filename]")が正常に実行されないことがある。
  • バグ修正: Windowsログオン前のトンネル開閉時に、イベントが'コンソール'にログオンしない(Ginaモードについては、'フェーズ2拡張機能' > 'Windowsログオン前に有効にする')。
  • バグ修正: Windowsのデフォルトの一時フォルダがユーザに制限されている場合、ソフトウェアのアクティブ化が正常に機能しないことがある。
  • バグ修正: Windows 7 64-bitでスリープモードのままにしていると、ブルースクリーンが現れる。
  • バグ修正: フェーズ1またはフェーズ2の特殊文字が、ソフトウェア起動時にクラッシュする場合がある。
  • バグ修正: '無効なcookie' 通知メッセージ(RFC2522)のエラーcookieが原因で、トンネルを閉じた後もポップアップが"開いているトンネル"を継続して表示する。
  • バグ修正: 全てのパラメータの長さを制限し、バッファのオーバーフローを防ぐ。古いパッチの改良。
  • バグ修正: クラッシュを防ぐためのネットワークインタフェース有効化・無効化時に、'トンネルを開く' ボタンが無効となる。特にワイアレスネットワークインタフェース(3G, WiFi,..)。
  • バグ修正: 冗長化ゲートウェイが設定されている場合、トンネルの開閉が素早く複数回行われると、IKEサービスがクラッシュすることがある。
  • バグ修正: 証明書サブジェクト中の数値OID対応により、トンネルが開かなくなることがある。
  • バグ修正: X-Auth 認証ポップアップでキーボードの'Tab'キーを使うとエラー音が鳴る。
  • バグ修正: パスワードを設定していなくても、いくつかの機能でパスワード保護された接続かどうか('閲覧' > '設定')確認される場合がある。
  • バグ修正: Windows 7 64-bit において、"Windows起動時にVPN Clientを起動しない" が無効。 常にIPSec VPN Clientが起動する。
  • バグ修正: Sony VAIO VGN-FW51MF with 3G option、 Windows Seven 64-bit (Wind7)、証明書によるVPN設定で、ブルースクリーンが現れる。
  • バグ修正: ローカルネットワークおよびリモートネットワークが同一サブネット上にあり、'通信が検出され次第自動的にトンネルを開く'機能が選択されていない場合、リモートネットワークに正常に接続できない。
  • バグ修正: IKE daemonのバージョン不良。


バージョン 4.6

  • バグ修正: X-Auth での2回目のユーザ認証ネゴシエートの際、最初のネゴシエーション時に承認されたログインとパスワードを使用しているにもかかわらず X-Auth リモートサーバから認証不可のメッセージを受信するなど、ある環境におけるIKEクラッシュ(tgbike.exe)
  • バグ修正: ピア・ツー・ピアモードにおいて、フェーズ2認証SHA-2アルゴリズムが正しく作動しない。
  • バグ修正: VPN 設定インポート画面が現れるのに数秒かかる(Win7/Windows Sevenのみ)。
  • バグ修正: 複数のトンネルが設定されている場合、設定パネルにおけるトンネル名が一致しない。
  • バグ修正: 複数のトンネルが設定されている場合、設定パネルに表示されるトンネルの状態が不正となることがある。

バージョン 4.65 build 002 (2009年11月)
  • 特徴: Windows Seven (7) RTM 32/64-bitとの完全互換性。 TheGreenBow IPSec VPN Clientは、Windows 2000 (Workstation), Windows XP 32-bit, Windows Server 2003 32-bit, Windows Server 2008 32/64-bit, Windows Vista 32/64-bit, Windows 7 32/64-bitに対応。これ以前のWindowsバージョンには、ダウンロードページに記載されているIPSec VPN Clientソフトウェア旧バージョンが対応。
  • 改善: 有効化ウィザードの切り替えで、20桁又は24桁のライセンス番号の入力が簡易化。
  • 改善: 期限切れの一時ライセンスでのアクティブ化を試みた際、エラー056より具体的なエラーメッセージを表示。
  • 改善: 一時ライセンス管理の向上および期限の延長。
  • 改善: 複数のトンネル表示改善のため、接続パネルのデザインを若干変更。
  • 改善: 複数のOEMカスタム化バージョンのインストール時に試用期間を継続。
  • 改善: レジストリ・キーDnSeparatorを削除。現在の証明書サブジェクトはRFC 4514ベース。
  • バグ修正: アクティブモードのとき、FTPをESPトンネルに転送するとBSODを作成する。
  • バグ修正: トンネルが閉じた後にSmartCardを再び挿入しても、PIN画面上にPINコード確認のポップアップが現れない。
  • バグ修正: DoS脆弱性を修正。
  • バグ修正: USB ドライブモードがアクティブで(VPN 設定が USB ドライブに保存されていて)、ネットワークドライブのいずれか1つが接続不可の場合、 ソフトウェアが正しく作動しないことがある。
  • バグ修正: Windows XP 32/64-bitの場合は Windows証明書ストアーの証明書が正しく使えない。
  • バグ修正: グローバルパラメータが制限内に設定されていない時に表示される英文警告メッセージを改善。
  • バグ修正: アグレッシブモードではVPNピアツーピアモードが正しく行かない。
  • バグ修正: VMWare Server と Windows Vista にインストールされた IPSec VPN Client が BSOD を起こす場合がある。VMWare だけでなく、 Sun の Virtual PC、 Virtual Box に対しても解決済み。
  • バグ修正: Checkpoint ファイアウォールにより生成された証明書 P12 をインポートする際にクラッシュする場合がある。
  • バグ修正: 基盤または Realtek チップセットベースのネットワークボードに統合された NVIDIA Ethernet チップセットで大容量データをダウンロードする際にクラッシュする場合がある。
  • バグ修正: USBドライブウィザード画面が前面に表示されない。
  • バグ修正: トンネルの開く時、"代替WINSサーバ" アドレスが更新されないことがある(Windows7のみ)。
  • バグ修正: 非常に強力なファイアウォールが設定されている稀なケースにおいて、初回インストール時に試用期間の終了することがある。
  • バグ修正: インストールパッチがスペースを含む場合、ネットワークドライバが Vista 64bits に正しくインストールされないことがある。
  • バグ修正: デプロイメントガイドのコマンドラインのセクションに、Typo in –noactivおよび /D switches。
  • バグ修正: Windows Explorer がクラッシュするとシストレイアイコンが表示されないことがある。
  • バグ修正: ソフトウェアのアンインストール時に、ソフトウェアのアクティブ化の要求が正しく送信されないことがある。
  • バグ修正: RDN (Relative Distinguished Name=相対区分名)のいずれかの中にコンマを使用している場合、 証明書 OID (オブジェクトID)の DN 値が正しく解析されないと、'unknown OID' のエラーメッセージが出る。
  • バグ修正: 私有鍵が正しく読み込めない(または不正な)証明書を使うと、クラッシュする。
  • バグ修正: 設定パネルのフェーズ2詳細‘IDの種類’が、VPN設定ファイルに保存されない。
  • バグ修正: Windows 2000では、'cryptui.dll' の Windows 機能 'CryptUIDlgViewContext' が使用できないが、IPSec VPN Client 4.6 以降のバージョンで証明書詳細の閲覧に使用。
  • バグ修正: 証明書の‘サブジェクト旧名’拡張機能に正しく対応していないため、エラーメッセージ‘サブジェクト旧名の長さが無効’が表示される。

バージョン 4.61 build 003 (2009年7月)
  • 改善: アプリケーションフォーカスをVista資格情報プロバイダ画面(aka GINA on W2K/WXP)に移動
  • バグ修正: VPNトンネル1件が'Windowsログオン前に開く'により開いている時、Windows XPでソフトウェアのアンインストールを行っても資格情報プロバイダ(aka GINA)が無効化されない。

バージョン 4.61 build 002 (2009年6月)
  • 特徴: 互換モードで Windows 7 RC 32-bit および Windows 7 RC 64-bit に対応。TheGreenBow IPSec VPN Client は、今や Windows 2000 Windows XP 32-bit、Windows Server 2003 32-bit、Windows Server 2008 32/64-bit、Windows Vista 32/64-bit、Windows 7 32/64-bit に対応。
  • 改善: アプリケーションフォーカスをVista資格情報プロバイダ画面(aka GINA on W2K/WXP)に移動既知の問題: Vista 資格情報プロバイダ (aka GINA) が Windows 64-bit 上で作動しない。
  • 改善: USB トークン/ SmartCard のパスワードが不正な場合、或いは USB トークン/ SmartCard がロックしている場合の警告メッセージを改善。
  • 改善: 以下全てのコマンドラインスイッチが/ pwd:xxx option と共に使用可能: /export、/import、/exportonce、/importonce、/add、/replace。
  • バグ修正: 「ソフトウェア有効化ウィザード」と「接続パネル」の一部リンクの背景色。
  • バグ修正: IP「範囲アドレス」を使用して接続する際に VPN トンネルが自動的に開かない場合がある。
  • バグ修正: 証明書中、非対応の OID (オブジェクトID)がある (RFC 4519 など)。
  • バグ修正: VPN設定によっては、NAT 裏の通信モード接続ができないことがある。
  • バグ修正: 他ベンダーの資格情報プロバイダ (aka GINA) が既にインストールされている場合、障害がある。
  • バグ修正: ソフトウェアのアンインストール時に、デスクトップ上のアプリケーション・ショートカットとドライバが削除されない。
  • バグ修正: 64-bit の新ネットワークドライバによるネットワークインタフェースの喪失。

バージョン 4.60 build 007 (2009年5月)
  • 機能: Windows 証明書ストア対応のあらゆる PKI ソフトウェアとスムーズに統合する Windows 証明書ストア発行の証明書の使用が可能。 USB トークンまたは Windows 証明書ストア使用の際、既に保存されている複数の証明書の中から1件が選択できる。
  • 機能: Vista資格情報プロバイダ(aka GINA on W2K/WXP) に対応しているため、VPN トンネルによる Windows ログオンやローカル PC 上のログオンの選択が可能。 周知の問題: Vista 情報資格プロバイダ (aka GINA) は Vista 64-bit で作動しない。
  • 機能: SmartCardのATRコードのインポートが容易になり、簡単・迅速に新規 SmartCard や USB トークンがインポートできる。新規 SmartCard や USB トークンを簡単に追加する手順は 新規 ATR コードのインポート をご参照ください。
  • 特徴: Windows 7 (32-bit) に対応。TheGreenBow IPSec VPN Client は、今や Windows 2000、Windows XP 32-bit、Windows Server 2003 32-bit、Windows Server 2008 32/64-bit、Windows Vista 32/64-bit、Windows 7 32-bit に対応。
  • 機能: アラビア語、ヒンズー語、タイ語を追加。TheGreenBow IPSec VPN Client は、: アラビア語、中国語(簡体字)、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、日本語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、セルビア語、スロベニア語、スペイン語、タイ語、トルコ語の19言語に対応。
  • 特徴: SHA-2アルゴリズム (256-bit) に対応。
  • 特徴: ソフトウェアの使用がパスワードで保護されている場合、ソフトウェアの更新やアンインストールを防止。
  • 特徴: 有効期限、発行者、サブジェクトなどの証明書情報全てが表示可能<。/li>
  • 特徴: デバッグモードを有効化するショートカットを追加。
  • 機能: 新規 Oberthur AuthentIC Card v220 USB トークンに対応。弊社 対応トークン/ SmartCard 一覧をご参照ください。
  • 改善: USB モードが一段と使いやすくなり、VPN 設定を特定の PC や USB ドライブに保存可能。
  • 改善: USB トークン/ SmartCard に不正なパスワードを入力したり、 USB トークン/ SmartCard がロックされたりしている場合の警告メッセージの改善。
  • 改善: ソフトウェア有効化の際の容量超過時などの警告メッセージを改善。
  • 改善: 特に内部有効化サーバのエラーなど、ソフトウェア有効化の際のエラー情報の詳細化。
  • 改善: ドイツ語によるソフトウェアのローカライゼーション。
  • 改善: 証明書インポートウィザードのストリング変更。
  • 改善: 「ヘルプ」と「オンラインサポート」メニューを統合。
  • 改善: IP アドレスがローカル IP アドレス (「フェーズ1」>「インタフェース」) と定義されながら実際には PC に存在しない場合、 トンネル開通不能とする。
  • 改善: X-Auth のログイン/パスワードのユーザインタフェースでの PIN コード管理。
  • バグ修正: Windows 設定によっては、ソフトウェア更新後にVPN設定ファイルが正しく保存されないことがある。
  • バグ修正: NAS デバイスによっては、NAS シェアフォルダに接続できない。 TCP チェックサムによる IP パケットの分断。
  • バグ修正: 証明書が UTF8 ストリングの構文を使用する場合に、フェーズ1のローカルID値が不正となる。
  • バグ修正: Oberthur の SmartCard が [ATR 3B:7B:18:00:00:00:31:C0:64:77:E9:10:00:01:90:00] を認識しない。 新規 USB トークンや SmartCard を簡単に追加するには、新規 ATR のインポート をご参照ください。
  • バグ修正: Smartcard によっては証明書が読めない。
  • バグ修正: 1672 バイトを超える UDP パケットの受信が正しく行われず、ブルースクリーンの出る場合がある。
  • バグ修正: Windows Vista の設定によっては、デバッグモードが有効な時、ソフトウェアの起動時間とVPN設定のインポート時間が通常より長くなる場合がある。
  • バグ修正: VPN ゲートウェイ接続前に peer-to-peer モードで VPN 設定ウィザードを使用すると、デフォルトのリモートアドレスポイントが不正となる。
  • バグ修正: 証明書をインポートしようとすると、事前共有鍵が消滅する。
  • バグ修正: ソフトウェアのキャッシュにより、フェーズ1とフェーズ2の名称が1度しか変更できない。
  • バグ修正: 「リモート LAN アドレス」を複数回変更した場合、VPN 設定ファイルに正しく保存されない場合がある。
  • バグ修正: ユーザが IPSec VPN Client のウィンドウを最小に設定していても、「/Open」「/Close」のコマンドラインにより画面が最大化する。 また、予め接続パネルが開いている場合、「/Open」「/Close」「/stop」のコマンドラインが無効となる。
  • バグ修正: トンネルの名称に大文字が含まれる場合、「/Open」「/Close」のコマンドラインが無効となる。
  • バグ修正: 環境によっては、トンネルの開閉前後のスクリプトが起動しない。
  • バグ修正: トンネルの進行状態のバーを表示するシストレイのポップアップが他のアプリケーションをフォーカスする。
  • バグ修正: PC環境によっては、セットアップの最新zip圧縮形式が対応しない場合がある。
  • バグ修正: ソフトウェアが起動中でトンネルが開いている場合、ソフトウェアのアンインストールが完了しないことがある。
  • バグ修正: IPSec VPN Client 接続パネル、設定パネル、コンソールウィンドウが最小に設定されている時、シストレイ・ アイコンをクリックしてもそれらの画面が最大化されない。
  • バグ修正: USB ドライブ挿入し、接続パネルにおいてトンネルの開いていることが表示されている状態から USB ドライブを抜いても、 トンネルは閉じているのにまだ開いているように表示される。
  • バグ修正: 複数の VPN トンネルが開いている時、フェーズ2のリモート LAN アドレスが正しく保存されない場合がある。
  • バグ修正: 「トークンのフェーズ1証明書」および「通信時に自動開通」に設定されている時、トークン未挿入にも関わらずトンネル開通時にトークンの PIN コードを聞かれる場合がある。
  • バグ修正: VPN 設定ファイルにおいて「リモートゲートウェイ」フィールドが未記入の場合、ソフトウェアがクラッシュする。
  • バグ修正: WindRiver VPN サーバの接続を妨げる Web サーバで FTP コマンドを使用する場合の、パディングとIPのフレーム長。
  • バグ修正: 2 つのトンネルについて代替 DNS アドレスを使用するよう設定した場合、全てのトンネルを閉じた時、ソフトウェアを終了した時、IKE サービスをリセットした時に初期 DNS が保存されない。
  • バグ: ePass 2000 読み込み証明書との互換性。弊社 対応 USB トークン/ SmartCards 一覧をご参照ください。


バージョン 4.5

  • 改善: SHA 名を SHA-1 に置き換え。
  • バグ修正: Windows Explorerで、設定ファイルをダブルクリックした際「追加または置換」の選択肢が無い。
  • バグ修正: VPN 設定により保護されたパスワードをインポートする際、コマンドライン 「/import」 が無効。
  • バグ修正: 優先するゲートウェイも冗長化ゲートウェイも無効の場合、冗長化ゲートウェイが優先するゲートウェイを再度試みないことがある。
  • バグ修正: Windows 設定の更新中に VPN 設定が消失することがある。
  • バグ修正: 処理速度の遅い Windows XP において、ソフトウェアが正しく更新されない。
  • バグ修正: コンピュータの作動中、状況によっては、ソフトウェアが常にアクティブ化を要求する。
  • バグ修正: VPN 設定によっては、接続パネルに開通トンネルが表示されないことがある。
  • バグ修正: 設定モード使用中、不規則にクラッシュする。

バージョン 4.50 build 004 (2008年11月)
  • バグ修正: 処理速度の遅いWindows XPにおいて、正しく更新されない。
  • バグ修正: タイムアウトやキャンセルの際、X-Authポップアップ表示中のCPU消費電力が高い。

バージョン 4.50 build 001 (2008年10月)
  • 特徴: Windows Vista 64-bit 対応。
  • 特徴: 新採用の Gemalto .Net 二要素認証スマートカード。
  • 特徴: 新採用のトークン ePass 2000 および ePass 3000。
  • 改善: X-Auth ログイン/パスワードのポップアップウィンドウ表示時間が設定可能。
  • 改善: ソフトウェア有効化時のライセンス移行についての詳細説明。
  • 改善: 素早い「保存と適用」。
  • 改善: 設定リセット時の確認ポップアップ。
  • 改善: TheGreenBow の新しいソフトウェア発行元証明書。
  • バグ修正: Windows の設定によっては、VPN トンネルを閉じる際に DNS/WINS の代替サーバアドレスが公開されない。
  • バグ修正: IPSec VPN Client ソフトウェアのアンインストール後、 Vista の IKE サービスや XP の 「PolicyAgent」等の Windows 設定を初期値に戻す。
  • バグ修正: 中国語の「?」メニューを変更。
  • バグ修正: VPN 設定ウィザードで VPN 設定した際の不正アイコン。
  • バグ修正: 全てのオンラインリンク上の言語コードが iso-639-2 に対応。
  • バグ修正: ライセンスの一時的な有効化により、 IPSec VPN Client ソフトウェアが正しく起動しないことがある。
  • バグ修正: シストレイメニューのグレーの背景に白色アイコン。
  • バグ修正: ソフトウェア有効化応答が、誤解析により「有効化エラー 50」 となる。
  • バグ修正: ソフトウェア有効化後、 Windows XP 上で IPSec VPN Client ソフトウェアをユーザモードで再起動できないことがある。
  • バグ修正: USB ドライブのプラグインが検出されないことがある。
  • バグ修正: 複数 VPN トンネル設定および名称変更により、フェーズ2からフェーズ1へのリンクが遮断。
  • バグ修正: USB モードに変換し、特定の USB ドライブを指定した際、VPN 設定変更が反映されない。
  • バグ修正: 証明書サブジェクトが 124 桁に短縮される。
  • バグ修正: Neusoft VPN ゲートウェイ使用時にフェーズ1が不安定。
  • バグ修正: 中国語の評価期間残留日数の表示エラー。
  • バグ修正: イタリア語の DLL の表示エラー。
  • バグ修正: X-Auth パスワード入力画面のタイトルに不正なフェーズ1名。


バージョン 4.2

  • 改善: IPv4 サブネットおよびサブネットマスクが、 設定モード交換の際リモートゲートウェイから送信された時は、 IPSec VPN Client ソフトウェアが処理。
  • 改善:「有効化エラー 050」の発生減少。
  • 改善: DPD (Dead Peer Detection) が本来のゲートウェイのアイドル状態を検出し次第、IPSec VPN Client ソフトウェアは直ちに次のゲ ートウェイに切り替える。
  • バグ修正: ラテン文字でないパスが正しく管理されないことがある。
  • バグ修正: 再び、Windows サーバ 2003 でも VPN セットアップが可能となった。
  • バグ修正: インストール後も再度の再起動を要求されることがある。
  • バグ修正: デバッグモードがオンの際のIKEクラッシュ。
  • バグ修正: Vista にインストールした際のドライバ不適合。
  • 周知バグ: 評価画面のストリング表示エラー(中国語版のみ)。

バージョン 4.20 build 006 (2008年7月)
  • 特徴: IKE サービスを再起動する新しいコンソールボタンと GUI メニュー。
  • バグ修正: 有効化の際、リリース番号を正しく管理。
  • バグ修正: ローカライゼーションに応じ、カスタマイズしたビットマップを正しくリサイズ。
  • バグ修正: IKE リセット時、「トンネル開閉」ボタンを正しく管理。

バージョン 4.20 build 005 (2008年6月)
  • バグ修正: 更新をチェック。

バージョン 4.20 build 004 (2008年6月)
  • バグ修正: セルビア語のローマ字表記。
  • バグ修正: 中国語ローカライゼーションの認証管理。
  • バグ修正: ANSI/UNICODE 管理。
  • バグ修正: 設定バージョン。
  • バグ修正: 「特定できないエラー」の際の空白の有効化ウィンドウ。
  • バグ修正: Vistaドライバの正しい管理。

バージョン 4.20 build 001 (2008年6月)
  • 特徴: ソフトウェアのアップグレードまたはアンインストールの際の有効化自動リセット。
  • 特徴: VPN 設定ファイル内の、X-Auth ポップアップ表示時間の設定。デフォルトは 60 秒に変更。
  • 特徴: 完全な Unicode 対応により、中国語(簡体字)および日本語ローカライゼーションが可能。
  • 特徴: 対応言語が更に9つ増え、今や TheGreenBow IPSec VPN Client は 16 言語に対応。TheGreenBow IPSec VPN Client の新ローカライゼーション: 英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、イタリア語、オランダ語,ドイツ語、ポーランド語、スロベニア語、 セルビア語、ギリシャ語、クトルコ語、ロシア語、中国語(簡体字)、日本語、フィンランド語。
  • 特徴: Vista のファイアウォールで適切なルールを自動作成し、IPSec VPN トンネルを開通可能に。
  • 特徴: 同一の IP アドレス指定により、ローカルネットワーとからリモート LAN へのアクセスが可能。
  • 特徴: 設定コマンドラインにより、インストール言語の選択が可能。詳細はこちら VPN Deployment
  • 改善: PFS/Diffie-Hellman 用語。
  • 改善: 新インストール・ソフトウェア。Unicode 対応イントールが可能で、更新手順が1度の再起動で終了。 設定のサマリー情報ダイアログ無しの簡単設定。ソフトウェア設定サイズが半分に。
  • 改善: IKE 証明書情報公開の脆弱性を修正。
  • 改善: スペイン語ローカライゼーションを改善。
  • 改善: 整合性保持のための VPN 設定署名は不可。整合性は VPN 設定のインポート/エクスポートの際にチェック。
  • 改善: 有効化エラーの際、自動的に特定サポートページを表示。
  • 改善: 接続パネルと設定パネルの簡単切り替え。
  • 改善: 固定 DNS/WINS サーバアドレス (DHCP サーバによる割り当て無し)の管理改善。
  • 改善: アプリケーションアイコンのデザインの向上。
  • バグ修正: 有効化ダイアログへのライセンス番号のコピー&ペースト。
  • バグ修正: シストレイポップアップを調整。
  • バグ修正: 証明書を正しく管理。
  • バグ修正: ソフトウェア更新の際、VPN 設定を正しくバックアップ。
  • バグ修正: トークン操作による GUI の不規則なクラッシュ。
  • バグ修正: 有効化プロセス後に終了すると、更新後に有効化コードが保存されない可能性。
  • バグ修正: 諸レジストリキーおよび値を修正。


バージョン4.1

  • Vista 対応。
  • VPN 設定の結合と分割。
  • トンネル開閉時のシストレイ・ポップアップ。
  • 対応 USB トークンと VPN ゲートウェイの更なる充実。

バージョン 4.10 build 010 (2008年2月)
  • バグ修正:トンネル開通時にサイレントアクティベーションが始まってしまう。
  • バグ修正:ある状況下でドライバがクラッシュする。

バージョン 4.10 build 009 (2008年1月)
  • 特徴:新たなトークンに対応:Alladin eToken JC1.0b, M4.20, M4.20b, T1 16K, T1 32K。対応トークン 一覧を参照。
  • 特徴:パスMTU探索対応。MTU サイズをネットワークとネゴシエートし(対応している場合)、通信を最適化する。
  • 改善:フェーズ2の「スクリプト」画面で、パスを含むスペースが特定可能となった (スクリプトが二重引用符で囲まれている場合に限る)。
  • バグ修正:VPN 設定インポート際、常に 「Block non ciphered connection」 機能をインポートするようにした。
  • バグ修正:IKE モジュールがクラッシュする (Vista のみ)。
  • バグ修正:ユーザ権利により、手動アクティベーションに失敗することがある (Vista のみ)。
  • バグ修正:状況により、証明書付きトンネルが開通しないことがある (Vista のみ)。

バージョン 4.10 build 007 (2007年10月)
  • 特徴:'/extract:[Vista|XP]' コマンドライン・パラメータによるセットアップの解凍。特に自動インストールに必要。
  • 特徴:RFC 3947 (NAT-T)対応。
  • 改善:新しいドライバのリリースにより安全性が向上 (Vista のみ)。
  • 改善:アクセス権の処理が向上し、IPSec VPN Client の起動がさらに速くなった。
  • 改善:状況により、コマンドライン・パラメータの機能しないことがあった (Vista のみ)。
  • バグ修正:設定がウィザードから正しくインポートされるようにした (Vista のみ)。
  • バグ修正:Windows 2000 で、登録キーの ObjectName が無い。
  • バグ修正:Windows 2000 で、IPSec VPN Client が起動しない。
  • バグ修正:TgbIke Starter の説明を Windows Service Manager 用に追加。
  • バグ修正:更新の際、VPN 設定が正しく保護されるようにした (Vista のみ)。
  • バグ修正:ソフトウェアのコマンドライン・オプションが正しく管理されるようにした (Vista のみ)。
  • バグ修正:インポート/エクスポートの際、システムフォルダではなくユーザフォルダが正しく開くようにした (Vista のみ)。

バージョン 4.10 build 001 (2007年8月)
  • 特徴:TheGreenBow IPSec VPN Client 4.1 は、Vistaにも対応 (32ビットのみ)。
  • 特徴: 標準的な Vista のユーザ (non powered) は、TheGreenBow IPSec VPN Client が使用可能。
  • 特徴:トンネル開閉時にシストレイのポップアップ画面が開く。 このポップアップ画面には、トンネル開通の進行状況および開通時のエラー警告が表示される。
  • 特徴:設定パネル内のインポートファイルメニューのドラッグ&ドロップか、新規コマンドライン(option "/add")のいずれかにより、既存の VPN 設定に新規の設定全体を追加することが可能。これにより、VPN 設定が容易に結合できる。
  • 特徴:トンネルは個別にインポート/エクスポート可能。この機能により、単一の VPN 設定内の複数のトンネル設定し (Phase1/Phase2)、 それぞれのトンネルを関連するユーザやユーザグループにエクスポート(およびデプロイ)できる。つまり、VPN 設定が容易に分割できる。
  • 特徴:新規コマンドライン(オプション「/open」「/close」)によるトンネル開閉が可能。
  • 特徴:設定パネルツリーの「設定」項目に関連するコンテクストメニュー内の新規項目により、VPN 設定の消去が可能。
  • 特徴:証明書サブジェクトの ASN1 テレテキスト記述をオプション管理。
  • 改善:VPN コンソールをユニークログのレベルで簡素化し、VPN 接続エラーをデバッグしやすくした。
  • 改善:ソフトウェアのインストール時の "IKE and AuthIP IPSec Keying Modules" サービスが自動的に無効になるようにした。
  • 改善:冗長化ゲートウェイにより、ゲートウェイと冗長化ゲートウェイのいずれかが使える時には交互に切り替わるようにした。